初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

外観検査(ライン検査)


    1.外観検査
8.カーライフ節約
TOPユーザー車検受験当日>外観検査(ライン検査)

外観検査

ライン検査が始まると、検査ラインに入る前に外観検査があります。各ライト類の状態やタイヤの状態、ホイールナットの締め付け具合などを点検します。外観検査は以下の手順で行います。
前の自動車の外観検査が終わると、自動車の前に検査員が立ちますので、各ライト類を点灯させていきます。
スモール(車幅灯)を点灯し、ヘッドライトを下向き、上向きと点灯させます。その後、いったん消灯し、パッシングをします。(フォグランプが付いている自動車はフォグランプも点灯せさます。)
次に、ウインカーを右、左と数回点灯させ、その後にハザード(左右同時)を数回点灯させます。
その後にウォッシャー液を出し、ワイパーを数回動かし、クラクションを1回鳴らします。これで前からの点検は終了です。
前からの点検が終わると、検査員が運転席側に来ますので、書類を提示します。この時にメーターの総走行距離を確認します。次に、ボンネットを開け、エンジンルームを点検し、車体番号が車検証と間違いがないか、確認します。その後、タイヤの状態やホイールナットの締め付け具合などを点検し、自動車の後ろに回ります。
検査員が後ろに来たら、再びライト類の検査になります。
スモールにして、尾灯、番号灯(ナンバー灯)を点灯し、ブレーキを踏んでブレーキランプ(制動灯)を点灯させます。

その後、ウインカーを右、左と数回点灯させ、その後にハザード(左右同時)を数回点灯させます。
これで、外観検査は終了です。問題がなく合格すれば自動車検査表左側の保安灯火等、ヘッドライト等に合格の印を押して書類を返却してくれます。
※外観検査でよく不合格になるのがブレーキランプなどです。ヘッドライト、ウインカーなどは十分に確認するのですが、ブレーキは自分1人では確認できないので、見落としがちになる箇所です。家族や友人に確認してもらったり、ガソリンスタンドや予備検査などで他の人に確認してもらってください。また、番号灯なども昼間に点検をすると見落としがちで、2個のうち1個でも切れていると不合格になりますので、十分に確認してください。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.