初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

サイドスリップ検査(ライン検査)


    1.外観検査
    2.サイドスリップ検査
8.カーライフ節約
TOPユーザー車検受験当日>サイドスリップ検査(ライン検査)

サイドスリップ検査

外観検査が終了すると検査ラインに入っていきます。検査ラインに入る直前に写真@のような電光掲示板があります。前の自動車が検査中の場合は、「待機」の表示になっていますので、入場せずに待機してください。
進入の合図に変わったら、検査ラインに入ります。その後は写真Aの電光掲示板にしたがって検査を受けていきます。
和泉検査場は以前FF、4WDの自動車の場合は、検査ラインに入る前に申告ボタンを押す必要がありましたが、現在、1,2番ラインでは申告ボタンを押す必要はありません。
検査ラインで初めに受けるのがサイドスリップ検査になります。これは、タイヤの横滑りを検査し、写真Bの赤枠内の鉄板が左右に動くようになっており、この左右の動きによって横滑りを検査します。
黄色のラインがひいていますので、運転席から顔を出し、手前から車体が黄色のラインに対してまっすぐになっているか確認します。そのままハンドルを切らずに、ゆっくりと直進し通過していきます。
写真Aの電光掲示板に合格の表示が出れば、そのまま次の検査に進みます。
この検査も不合格になりやすい項目なので、予備検査を受けて、検査・調整をしてもらう事をお勧めします。
また、合格になる秘訣は、検査ラインに入る前から黄色のラインに沿って車体がまっすぐになるようにする事、通過する時は慎重にゆっくりと通過する事、通過中には絶対にハンドルを切らない事です。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.