初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

ブレーキ検査(ライン検査)


    1.外観検査
    5.ブレーキ検査
8.カーライフ節約
TOPユーザー車検受験当日>ブレーキ検査(ライン検査)

ブレーキ検査

ライトの光軸検査が終了したら、次はブレーキ検査になります。ブレーキに十分な制動力があるかを検査します。ブレーキ検査も引き続き、写真Cの検査機で検査を行います。
ブレーキ検査の時は、シフトレバーはニュートラルの位置にし、サイドブレーキを下ろします(解除します)。ブレーキ検査が始まると、検査機の一部のローラーが回転し始め、タイヤを回転させます。電光掲示板の指示に従い、ブレーキペダルを踏みます。フートブレーキの検査が終われば、次はサイドブレーキの検査です。これも電光掲示板の支持に従い、サイドブレーキを引きます。
検査機のローラーの回転力はかなり強いので、普段、運転している時みたいな踏み方だと、不合格になる場合があります。オーバーな言い方になりますが、ハンドルをしっかりと持ち、床が抜けるような気持ちでブレーキを踏んでください。サイドブレーキもしっかりと引いてください。
ブレーキ検査が終了したら、サイドスリップ、スピード、ライト光軸、ブレーキ検査の合否結果を記録します。前に進み自動車を検査機から出します。写真Fの記録器がありますので、自動車検査表を矢印の方向に挿入してください。検査結果が記録されます。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.