初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

下回り検査(ライン検査)


    1.外観検査
    6.下回り検査
8.カーライフ節約
TOPユーザー車検受験当日>下回り検査(ライン検査)

下回り検査

検査結果の記録が出来たら、次は下回りの検査になります。下回り検査ではサスペンションやマフラーなどの各部品の取り付け状態や、エンジンやミッション(変速機)などからオイル漏れがないかなどを検査します。
写真Gのピットにゆっくりと直進します。写真Hの矢印の箇所にくぼみがありますので、右側の前輪がそのくぼみに入るように前進します。前輪が指定位置にきたら、エンジンを停止し、シフトレバーをニュートラルにし、サイドブレーキを引きます。
ボルト(ナット)の締め付け具合は先のとがったハンマーで叩いて、その時の音で判断します。検査が始まると、カン、カン、カン、と音がしてきます。写真Hの部分は可動するようになっており、前輪をゆすったりもしますので、検査途中に車体が少し揺れたりもします。また、検査員がマイクによってブレーキを踏むように支持したり、サイドブレーキを緩めたり、引いたりするように指示がありますので、その指示に従って操作してください。このピットの先にも写真Iのような電光掲示板があるので、ここに合否の判定が出れば、下回り検査は終了です。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.