初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

点検・整備


  4.点検・整備
    1.外観検査
8.カーライフ節約
TOP前日までの準備>点検・整備

点検・整備

ユーザー車検でもっとも重要になるのが、この点検・整備です。車検での合格だけの為ではなく、今後の安全な自動車の運行の為にも、十分な点検・整備を行いましょう。
点検・整備はかなり難しいとお考えの方もいるでしょうが、点検整備記録簿を見ていただくとわかるように、ある程度、自動車についての知識があれば、自分自身で点検できるものがほとんどだと思います。また、普段から自動車を運転していれば、気付く点検項目なども多くあります。
下回りの点検については専用のジャッキやリフトで車を持ち上げないといけませんが、カーショップなどでオイル交換をしてもらう時に、許可をもらって点検してもいいと思います。また、マフラーの状態や排気の漏れ、エンジン・トランスミッション(変速機)・デファレンシャルのオイル漏れなどは、オイル交換時に無料で確認してもらえる場合もあります。
ブレーキパッドの磨耗状態などはタイヤを外せは確認できるようになっていますが、交換などは分解整備となりますので、必ず整備工場などに依頼をして交換をしてもらってください。
「テスタ等」でとある項目は専用の設備が必要で、自分で点検する事は難しいので、次の項で説明する予備検査を利用してください。また、「公害発散防止装置」などの点検や、触媒装置の点検も、予備検査時の排ガス検査の結果から総合判定してください。
注意
自分でわからない箇所は自動車の構造に詳しい方や整備士等に必ず相談のうえ、点検・整備を行ってください。
車載のジャッキを利用して車体を持ち上げる事もできますが、あくまでも緊急時にタイヤを交換するためのもので、下回りの点検・整備をするために利用するものではありません。車載ジャッキにて車体を持ち上げ、下回りに入り込む事は大変危険です。絶対に行わないで下さい。自分で下回りの検査を行う場合は、専用のジャッキを利用し、ウマなどの専用工具で車体を固定してください。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.