初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

予備車検(予備検査)・下回り洗浄


  5.予備車検・下回り洗浄
    1.外観検査
8.カーライフ節約
TOP前日までの準備>予備車検(予備検査)・下回り洗浄

予備車検(予備検査)

予備車検は、検査場と同様のサイドスリップ・ブレーキ・スピード・ライト・排ガスの検査設備をもつ整備工場で、事前に点検と整備を行うことです。これは点検整備記録簿の「テスタ等」でにあたる点検項目です。これらの点検は専用の設備が必要で個人で点検する事は難しいので、予備車検を利用してください。
特に、車検時のサイドスリップ検査とライトの光軸検査は不合格になりやすい検査項目です。予備車検で検査してもらい不合格であれば、その場で合格範囲内に調整をしてもらう事が出来ます。
予備車検を受ける場合、それまでにタイヤの空気圧は正しい値に調整してください。サイドスリップの調整後にタイヤの空気圧を調整すると、サイドスリップが微妙に変化する場合があります。
また、排ガス検査の検査結果は「公害発散防止装置」等の検査や、触媒装置の点検結果ともなります。この時の検査結果は点検整備記録簿のCO、HC濃度の欄に記入をしてください。

下回り洗浄

自動車の下回りやホイール周りは泥をはねたりしてかなり汚れている部分です。検査場では下回りの検査は検査員がします。もちろん、汚れているからといって不合格にされるわけではありませんが、汚れを落としながら検査してくれるわけでもありません。汚れがひどい事によりオイル漏れや取り付け状態など、正しい判断ができないのに、合格の判定を出してくれるとも思いません。また、自分が車体の下に入り下回りを検査する事を考えてください。検査をしている時に上から土や砂が落ちてきて、気分がいいものではありません。正しい判定をしてもらう為、検査をしてもらう検査員の事も考え、検査を受ける前には必ず下回りやホイール周りを、コイン洗車場などの高圧洗浄機で洗うようにしてください。
※予備車検はどの整備工場でも行っているわけではありませんが、検査場近くの整備工場で行っている場合が多くあります。検査場の下見をされる場合、近くの整備工場でお尋ねになってみてください。また、インターネット検索で検索できる整備工場もありますので、一度お調べになっていただくのもいいでしょう。予備車検の費用ですが、整備工場により違いますが、3,000円から5,000円程度で受けられると思います。
予備車検・下回りの洗浄は受験の当日に行ってもかまいませんが、予備車検を受ける人も多くいます。その場合は、受験の予約の時間から十分に余裕をもって、予約の時間に間に合うようにしてください。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.