初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

車検後のメンテナンス


    1.外観検査
5.車検後のメンテナンス
8.カーライフ節約
TOP>車検後のメンテナンス

車検後のメンテナンス

ユーザー車検に合格したからといえ、自動車の安全を保証されたわけではありません。安全に運転する為には、日ごろからのメンテナンスが必要です。十分なメンテナンスを施す事により、安全な運転が出来るだけでなく、エンジンを快適な状態に保てたり、燃費の向上にもつながります。日ごろからのメンテナンスを心がけるようにしましょう。

○タイヤの空気圧は適正な値に保ちましょう。タイヤの空気圧が適正でないと、タイヤのかたべりを起こすほか、燃費も悪くなります。また、タイヤ本来の性能を出す事もできません。運転する前は必ずタイヤの状態を点検してください。また、定期的にローテーション(タイヤを前後左右で入れ替える)する事もお勧めします。サスペンションを交換した場合など、外側はそれほど減っていないのに、内側だけが異常に減ったりする場合があります。いくら外側の溝が深く残っていても、内側の溝が浅ければ車検では不合格になります。内側だけの方べりがあるような場合は、ローテーションしてもタイヤの内側は、また内側にきてしまいますので、カーショップなどでホイールから外したうえで、左右を入れ替えると内側と外側が入れ替わるので、そのままの状態よりも長くタイヤを使え、経済的にも有効です。

○エンジンオイルは推奨された走行距離や期間ごとに交換しましょう。エンジンオイルが劣化すると正常な油膜を作る事ができなくなり、エンジンのシリンダーを傷つける事になり、燃費の低下や、エンジンの不具合につながります。走行距離が短い場合でも、エンジンオイルは酸化し劣化してしまいますので、推奨された期間ごとに交換しましょう。長期間エンジンをかけないと、シリンダー内などに出来た油膜がなくなってしまいます。油膜がなくなった状態でエンジンをかけると、シリンダー内などに傷をつける場合があります。長期間運転しない場合でも、定期的にエンジンを数分間かけたり、近所を少し運転したりしましょう。また、定期的にオイルの量も点検し、オイル漏れがないか確認しましょう。
○エンジンオイル以外にもオートマチックのミッションオイルや、パワーステアリングの量も点検しましょう。著しく量が減っている場合は、オイル漏れも疑われますので、自動車販売店やカーショップなどで点検を受けてください。
○ブレーキオイルの量は定期的に点検しましょう。ブレーキパッドが減ってくるとブレーキキャリパーのピストンが押し出された状態になるので、リザーバータンクのブレーキオイルの量が減ってきます。ブレーキオイルの量が減ってきた場合は、ブレーキパッドを点検しましょう。ブレーキパッドが減ってきたら、早めに交換しましょう。また、ブレーキオイルが減ってきたのにパッドが減っていない場合は、ブレーキオイルの漏れが疑われます。自動車販売店やカーショップなどで点検を受けてください。
○ヘッドライトやウインカー、スモール(車幅灯、尾灯)などの球切れはすぐに気付いたり、自分で点検できますが、ブレーキランプの球切れは1人では点検しにくいものです。定期的に家族や友人に確認してもらったり、ガソリンスタンドやカーショップなどで確認してもらいましょう。
○エアクリーナーは砂やほこりなどが溜まりやすい場所です。定期的に清掃し、エンジンに空気を送り込みやすい状態に保ってください。
いくつかメンテナンスの例をあげましたが、日ごろより車の状態には気をつけるようにしましょう。異音がするなどいつもの走行状態と違うと感じた場合は、すみやかに点検・整備を行ってください。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.