初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

ユーザー車検の概要


  2.ユーザー車検の概要
    1.外観検査
8.カーライフ節約
TOPユーザー車検について>ユーザー車検の概要

ユーザー車検の概要

ここでは簡単にユーザー車検を受ける手順を説明します。私がいつも行っている手順とは若干、前後するところもありますが、内容的には変わりはありません。各手順の詳しい内容については別途説明いたします。

まず、ユーザー車検はいつでも自由に受けられるわけではありません。事前の予約が必要になります。都合のよい日を予約してください。

予約が完了したら、車検の前日までに車の点検を行います。必要に応じてオイル交換やブレーキパッドの交換など、整備を行います。

点検・整備が完了したら、車検を受ける当日になります。車検の当日にはまず必要書類の作成になります。普段から自動車に備え付けている車検証など以外は車検場で手に入れることが出来ます。書類の作成といっても、ほとんどが車検証に記載されている内容を書き写す程度なので、10分程度で作成できます。

必要書類が全て準備できたら、窓口の受付で予約の確認をしてもらいます。その時に、必要書類の不足、不備がないかチェックしてくれます。書類に不備がなければ、実際にラインに並び検査を受けていきます。

ライン検査の内容は、外観検査から始まり、スピード、ライト、ブレーキ、下回り、排ガス検査の手順で行われます。ライン検査の所要時間は慣れている人と初心者などで若干変わってきますが、初心者でも10分程度で終了するでしょう。

ライン検査に合格すれば後は車検証を交付してもらうだけです。再び窓口に検査の終了した必要書類を提出します。10〜15分程度で車検証と 検査標章(ステッカー)が交付されます。検査標章をフロントガラスの内側に貼ります。これでユーザー車検は終了です。

前日までの点検・整備、準備を十分に行っていれば、当日の検査に全て合格した場合、当日の受付から車検証の交付までにかかる所要時間は、1時間〜1時間30分程度です。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.