初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

ユーザー車検の長所・短所


  4.ユーザー車検の長所・短所
    1.外観検査
8.カーライフ節約
TOPユーザー車検について>ユーザー車検の長所・短所

ユーザー車検の長所・短所

なんにでも見る角度や考え方を変えたり、見る人によって長所・短所というものがあります。ユーザー車検も例外ではありません。ここでは私自身が考えるユーザー車検の長所・短所を説明してみますが、実際には皆さんがユーザー車検の概要や手順、費用などのいろいろな点を理解していただき、皆さん自身でユーザー車検の長所・短所を考えていただきたいと思います。

ユーザー車検の長所

やはりユーザー車検の長所といえば、費用が安くおさえられる事でしょう。重量税、自賠責保険料の必要不可欠な費用意外では検査手数料のみとなります。車検の種類でも説明しましたが、販売店や整備工場、代行業者に依頼した場合、人件費、設備の設置費、維持費もかかりますので、どうしても1万〜3万円程度は余分にかかってしまいます。
次に、自分で点検などを行う事で自動車の構造などが少しでも理解できる事だと思います。普段から自動車を運転していても、構造や働きについて理解している人は意外と少ないと思います。こういう部品がある、こういう働きがあるなど少しでも理解できれば、自動車の不具合にも気付きやすくなると思います。エンジンオイルの点検だけを見ても、エンジンオイルの減りや汚れを自分で点検するようになれば、エンジントラブルの防止にもなりますし、いつまでもいい状態で保つ事ができ、燃費の向上などにもつながります。
私が一番の長所だと思うのは、自分の車に対しての安全意識が高まる事だと思います。全てを販売店などの専門業者に依頼した場合、 専門の知識を持つ人が行ったのだから、自分は何もしなくても安全に運転できると思ったりする人もいると思います。しかし、自動車の安全な運行は、運転する本人の義務です。自分自身で点検などをし、ユーザー車検を受けた場合は、その義務が自然と身につくのではと思います。それにより、普段から日常点検を意識するようになり、運転前には必ずタイヤの状態を確認するようになったり、ボンネットを開けエンジンルームをのぞく回数も増えるのではないでしょうか?

ユーザー車検の短所

次にユーザー車検の短所となる点ですが、時間と労力が必要になることです。点検などは車にある程度詳しい方であれば、1日で済んでしまうでしょう。また、受験当日も早ければ2時間もかからず終了してしまいます。しかし、不慣れな方では、点検も受験当日もそれ以上に時間がかかるものだと思います。毎日、仕事をされている方には1日の休日は大切なものだと思います。確かに費用は安くおさえられますが、大事な休日と引き換えにするだけの価値があるのかという事です。
また、販売店などでは日曜や祝日などの休みの日でも車検の以来が出来ますが、ユーザー車検のように検査場に持ち込む場合は、平日しか出来ません。サラリーマンのように会社勤めをされている方は、わざわざ休みを取らないとユーザー車検は受けられません。もちろん、有給休暇を利用されれば問題ないと思いますが、やはり休日を利用しなければいけなくなります。
最後に、私自身では安全意識が高まると長所にあげましたが、逆にユーザー車検が自動車の運転に不安を与えてしまうかもしれません。自分自身で車検に合格したが、本当に大丈夫なのかと不安を抱く方もいるかもしれません。やはり、専門の知識を持つ人に点検してもらったほうが安心だと思い、点検・整備を依頼すれば、費用を安くおさえた意味はなくなってしまいます。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.