初心者の為のユーザー車検ガイド ユーザー車検.com

点検整備記録簿の点検方法/下回り(プロペラシャフト・ドライブシャフト)


    1.外観検査
8.カーライフ節約
TOP点検整備記録簿の点検方法>プロペラシャフト・ドライブシャフト

プロペラシャフト、ドライブシャフト

プロペラシャフトはトランスミッションからデファレンシャルへ動力を伝えるシャフトで、写真32のようになっています。このプロペラシャフトの連結部分に緩みがないか点検します。FF車の場合、トランスミッション、デファレンシャルがどちらもフロントにあり、シャフトでつなぐ必要がないために、プロペラシャフトはありません。
ドライブシャフトはデファレンシャルから左右のホイールへ動力を伝えるシャフトで、写真33のようになっています。ドライブシャフトはホイールが上下する事により、連結部分の角度が変わる為、自在継手という部品で連結されています。この自在継手を砂や埃から保護する為に、写真34のようなゴム製のダストブーツが取り付けられています。このダストブーツに亀裂などがないかを点検します。

デファレンシャル

デファレンシャルはトランスミッションから伝えられた動力を、左右のホイールへと分配する機構で、上の写真35のようになっています。下回りからオイル漏れがないかを点検します。油量についてはマニュアルのトランスミッションと同様で、側面の注入口の位置まで入れる事で適正量となりレベルゲージがありませんので、オイル漏れがなければ油量はOKです。

 スポンサードリンク

エンジンルーム
車回り
 プロペラシャフト、
 ドライブシャフト
 デファレンシャル
 
Copyright(c) 2006 ユーザー車検.com All Rights Reserved.